弁護士法人ほくと総合法律事務所は、東京・札幌・旭川にオフィスを構える三拠点体制の法律事務所です。 ASAHIKAWA TEL:0166-22-1400 FAX:0166-22-1499 TOKYO TEL:03-3221-9873 FAX:03-3221-9874 SAPPORO TEL:011-207-1060 FAX:011-207-1070
トピックス TOPICS
2016年12月【執筆】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士が執筆した「改正保険業法施行後の保険窓販実務の現状と課題」が、「銀行実務12月号」(銀行研修社)に掲載されました。
2016年11月【講演】<医療>
坂本大蔵弁護士が、札幌医科大学附属病院において、「平成28年度医療に係る安全管理のための職員研修」の講師を務めました。
2016年10月【執筆】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士らが執筆した「近時の保険募集における特別利益の提供と実務的な検討視点」が、金融法務事情2051号(2016年10月10日号)に掲載されました。
2016年9月【執筆】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士が、金融機関保険窓販向けウェブ研修資材「銀行業務学習Net」(銀行研修社)において、「4つの事例で学ぶ改正保険業法の実務対応」を執筆しました。
2016年9月【講演】<反社会的勢力>
関秀忠弁護士が、某保険会社において、「企業内暴排(役員暴排・従業員暴排)」の留意点に関する講師を務めました。
2016年9月【執筆】<反社会的勢力>
関秀忠弁護士らが執筆した「Q&A従業員・役員からの暴力団排除―企業内暴排のすすめ」が、商事法務から出版されました。
2016年8月【講演】<反社会的勢力>
関秀忠弁護士が、品川地区の特防連加盟企業向けの「マイナンバーを用いた反社会的勢力の想定手口と対応策」と題する講演の講師を務めました。
2016年7月【講演】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士が、九州地区信用金庫向けの改正保険業法に関する保険窓販研修会等の講師を務めました。
2016年6月【執筆】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士が執筆した、平成28年5月29日施行の改正保険業法に関する論稿「改正保険業法施行後の保険窓販対応」が、「銀行実務2016年6月号」(銀行研修社)に掲載されました。
2016年5月【講演】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士が、平成28年5月29日施行の改正保険業法に関する東京・名古屋・大阪の信用金庫向け研修会の講師を務めました。
2016年4月【執筆】<その他>
高橋康平弁護士が共同執筆した論稿「事業承継の可能性を広げる株式の信託」が、「別冊NBL」156号に掲載されました。
2016年4月【執筆】<保険業法・保険法>
中原健夫弁護士、関秀忠弁護士、岡本大毅弁護士が執筆する「保険業法のコンプライアンス(第3版)」(平成28年5月29日施行の改正保険業法に対応)が、金融財政事情研究会から出版されました。
2016年4月【その他】
原田純孝弁護士(東京大学名誉教授・中央大学法科大学院フェロー)が、当事務所にカウンセルとして参加しました。
2016年4月【講演】<反社会的勢力>
関秀忠弁護士が、千代田区4警察署管内の不当要求防止責任者講習の講師を務めました。
2016年4月【講演】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士が、平成28年5月29日施行の改正保険業法に関する保険会社の金融機関(地方銀行・第二地方銀行)向け研修会の講師を務めました。
2016年3月【講演】<反社会的勢力>
倉橋博文弁護士が、東京国際フォーラムで開催された公益社団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会主催の民暴対策拡大研修会において、パネルディスカッションのコーディネーターを務めました。
2016年2月【執筆】
倉橋博文弁護士が執筆に参加した「会社法関係法務省令逐条実務詳解(改正会社法対応版)」が、清文社より刊行されました。
2016年1月【執筆】<その他>
高橋康平弁護士が「技術営業LEADERS」(電気・エネルギー・住まいの“いま”が分かる地域密着情報誌)にて「知ってトクする 知らなきゃ大変」という法律コラムの連載を開始しました。
2016年1月【講演】<反社会的勢力>
倉橋博文弁護士が、三田地区特防協で開催された平成27年第2回連絡会議にて「反社会的勢力排除と企業の危機管理」との題での講演を行いました。
2016年1月【講演】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士が、改正保険業法に関する保険会社の金融機関(監査担当者・検査担当者)向け研修会の講師を務めました。
2016年1月【その他】
滝本豊水弁護士が当事務所にカウンセルとして参加しました。
2016年1月【その他】
鈴木裕也弁護士、又吉重樹弁護士及び後藤田環弁護士が当事務所に加入しました。
2015年12月【講演】<反社会的勢力>
関秀忠弁護士が、特防連加盟企業に対して、「マイナンバーを用いた反社会的勢力の想定手口と対応策」と題する講演の講師を務めました。
2015年11月【講演】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士が、改正保険業法に関する保険会社の信用金庫向け研修会の講師を務めました。
2015年11月【講演】<保険業法・保険法>
中原健夫弁護士が、改正保険業法に関する組織内弁護士協会内研修会の講師を務めました。
2015年11月【講演】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士が、改正保険業法に関する損害保険保険会社の金融機関系一般代理店(別働体代理店)向け研修会の講師を務めました。
2015年10月【講演】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士が、株式会社セミナーインフォ主催の講演「改正保険業法に伴う保険窓販のコンプライアンス」の講師を務めました。
2015年7月【研修】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士が、改正保険業法に関する保険会社社内研修会の講師を務めました。
2015年7月【講演】<保険業法・保険法>
中原健夫弁護士・関秀忠弁護士が、「保険業法改正セミナー第2弾〜パブコメ結果を受けての実務対応」の講師を務めました。
2015年7月【講演】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士が、保険会社主催の信用金庫向け研修会「信金窓販の強みを生かすコンプライアンス(非公開金融情報保護措置対応の再検証・平成27年パブコメを踏まえたケーススタディ)」の講師を務めました。
2015年7月【講演】<保険業法・保険法>
中原健夫弁護士が保険会社主催の保険業法改正関連の政省令・監督指針改正セミナーの講師を務めました。
2015年6月【講演】<保険業法・保険法>
中原健夫弁護士が保険会社主催の保険業法改正関連の政省令・監督指針改正セミナーの講師を務めました。
2015年7月【執筆】<その他>
高橋康平弁護士が共同執筆した論稿「中小企業の事業承継の可能性を広げる株式の信託」が、「NBL」1053号に掲載されました。
2015年7月【講演】<保険業法・保険法>
関秀忠弁護士が保険会社主催の保険業法改正関連の政省令・監督指針改正セミナーの講師を務めました。
2015年6月【講演】<医療訴訟・医療機関法務・介護施設法務分野>
坂本大蔵弁護士が日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会において「これからの皮膚科医療訴訟を考える」とのテーマで講演を行いました。
2015年6月【執筆】<保険業法・保険法>
中原健夫弁護士が保険会社主催の保険業法改正関連の政省令・監督指針改正セミナーの講師を務め、190名の保険会社・金融機関・保険代理店の皆様にご来場いただきました。
2015年6月【執筆】<保険業法・保険法>
中原健夫弁護士・関秀忠弁護士が執筆した論稿「保険業法改正と関連政省令、監督指針の改正~信用金庫実務に与える影響」が、社団法人全国信用金庫協会「信用金庫」2015年6月号に掲載されました。
2015年6月【講演】<反社会的勢力>
関秀忠弁護士が、立川警察署管内の企業に対して、不当要求防止責任者講習の講師を務めました。
2015年6月【講演】<反社会的勢力>
関秀忠弁護士が、牛込・戸塚・四谷警察署管内の企業に対して、不当要求防止責任者講習の講師を務めました。
2015年5月【就任】
津田秀太郎弁護士が、北海道防衛局入札監視委員会委員に再任されました。
2015年5月【その他】
千葉恵介弁護士が、公益財団法人日本スポーツ仲裁機構のJSAA-AP-2015-002号事案の仲裁人を務めました。
2015年5月【講演】<反社会的勢力>
関秀忠弁護士が、新宿警察署管内の企業に対して、不当要求防止責任者講習の講師を務めました。
2015年4月【就任】
津田秀太郎弁護士が、独立行政法人中小企業基盤整備機構の経営支援アドバイザーとして再登録しました。
2015年3月【講演】<保険業法・保険法>
中原健夫弁護士・関秀忠弁護士が、「保険業法改正関連の政省令・監督指針改正セミナー」の講師を務めました。
2015年2月【その他】
窪田もとむ弁護士、津田秀太郎弁護士、坂本大蔵弁護士が、札幌地方裁判所に申立てを行った水産食品メーカーの民事再生手続が開始されました。
2015年2月【その他】<反社会的勢力>
関秀忠弁護士が、公益社団法人警視庁管内特殊防止暴力対策連合会の「不当要求の手口と対応」第10弾のDVDの監修・出演を務めました。
2014年6月【就任】
平岡弘次弁護士が、債権回収会社取締役弁護士連絡協議会代表世話人に就任しました。
2014年5月【就任】
津田秀太郎弁護士が、北海道防衛局入札監視委員会委員に再任されました。
2014年4月【就任】
津田秀太郎弁護士が、独立行政法人中小企業基盤整備機構の経営支援アドバイザーとして再登録しました。
2014年4月【執筆】
関秀忠弁護士が執筆した論稿「保険会社向けの総合的な監督指針改正と銀行業務への影響」が、銀行研修社「銀行実務」誌2014年5月号に掲載されました。
2014年4月【講演】
中原健夫弁護士が保険会社主催の銀行向けセミナーにおいて「保険募集規制の改正」に関する講師を務めました。
2014年4月【講演】
中原健夫弁護士が民間企業において「パワーハラスメント」に関するセミナーの講師を務めました。
2014年4月【執筆】
中原健夫弁護士・関秀忠弁護士が執筆する論稿「損害保険業界における反社対応 ~ 損害保険契約からの排除について」が「事業再生と債権管理144号(2014年4月5日号)」(金融財政事情研究会)に掲載されました。
2014年4月【就任】
石毛和夫弁護士が第二東京弁護士会・東日本大震災等対策本部委員(兼務・東京三弁護士会災害復旧復興本部委員)に就任しました(再任)。
2014年4月【就任】
淺野綾子弁護士が旭川市開発審査会委員に就任しました。
2014年3月【執筆】
石毛和夫弁護士が執筆(共著)した「ダイジェスト金融商事重要判例〔平成25年版〕」が経済法令研究会から出版されました。
2014年3月【執筆】
倉橋博文弁護士が執筆する、「新監督方針・モニタリング方針対応 中小企業の本格的経営改善・体質強化のためのコンサルティング実践講座」(第3分冊)がきんざいより発刊されました。
2014年3月【執筆】
中原健夫弁護士が執筆する論文「債権譲渡と譲渡制限特約」と横瀬大輝弁護士が執筆する論文「中間試案における『債権譲渡と相殺』-『前に生じた原因』と『同一の契約』の解釈・適用」が「金融法務事情」(No.1990・金融財政事情研究会)に掲載されました。
2014年3月【講演】
坂本大蔵弁護士が北海道大学病院主催の医療安全講習会「電子カルテ導入後のカルテ・看護記録記載時の留意点」において講師を担当しました。
2014年3月【講演】
中原健夫弁護士が民間企業において「パワーハラスメント」に関するセミナーの講師を務めました。
2014年3月【講演】
倉橋博文弁護士が、「第25回民暴対策拡大研修会」(公益社団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会・東京三弁護士会主催)において「反社会的勢力排除の最新情報の提供」と題するパネルディスカッションのパネリストを務めました。
2014年3月【その他】
中原健夫弁護士・関秀忠弁護士が複数の地方銀行との間で「保険募集規制の改正」をテーマとする意見交換会を実施しました。
2014年2月【執筆】
倉橋博文弁護士が執筆する、「新監督方針・モニタリング方針対応 中小企業の本格的経営改善・体質強化のためのコンサルティング実践講座」(第2分冊)がきんざいより発刊されました。
2014年2月【就任】
石毛和夫弁護士が、独立行政法人の不適正な経理処理事案に係る調査委員会の外部委員に就任しました。
2014年2月【就任】
石毛和夫弁護士が、「災害復興まちづくり支援機構」本部事務局員に就任しました。
2014年2月【その他】
中原健夫弁護士・関秀忠弁護士が地方銀行との間で「保険募集規制の改正」をテーマとする意見交換会を実施しました。
2014年2月【その他】
石毛和夫弁護士が、公益社団法人東京都防災・建築まちづくりセンターから、「まちづくり専門家」に認定されました。
2014年2月【執筆】
関秀忠弁護士が執筆した論稿「保険窓販に関連する規制改正の概観と展望」が、銀行研修社「銀行実務」誌2014年3月号に掲載されました。
2014年2月【執筆】
倉橋博文弁護士、横瀬大輝弁護士が執筆する「個人保証の制限 ~民法改正と経営者保証ガイドライン~」が、株式会社インテグレックスのホットラインプレスに掲載されました。
2014年1月【就任】
倉橋博文弁護士が、厚生年金基金の不祥事件に関する第三者調査委員会の委員に任命されました。
2014年1月【その他】
中原健夫弁護士、平岡弘次弁護士、倉橋博文弁護士、岡本大毅弁護士、高橋康平弁護士が東京地方裁判所に申立てを行ったアパレル事業等を営む企業の準自己破産手続が開始されました。
2013年12月【講演】
津田秀太郎弁護士が、札幌建設業協会主催のセミナー「反社会的勢力への法的対応」において講師を務めました。
2013年12月【就任】
窪田もとむ弁護士が、札幌市監査委員に再任されました(任期4年)。
2013年11月【その他】
石毛和夫弁護士が、台風26号で甚大な被害を受けた伊豆大島に赴き、災害復興まちづくり支援機構主催の相談会において被災者のための法律相談を行いました。
2013年11月【その他】
中原健夫弁護士、平岡弘次弁護士、関秀忠弁護士が、「精神障害と自殺免責」「個人情報の第三者提供」が論点となる民事訴訟において勝訴確定判決を取得しました。
2013年11月【講演/セミナー】
岡本大毅弁護士が、民間企業において「反社会的勢力対応」に関するセミナーの講師を務めました。
2013年11月【就任】
坂本大蔵弁護士が札幌市内の医療法人の倫理委員に就任しました。
2013年11月【就任】
淺野綾子弁護士が、旭川市男女共同参画審議会委員に選任されました(任期2年)。
2013年10月【講演】
関秀忠弁護士が、セミナーインフォ主催のセミナー「保険窓販の法的課題と可能性~保険WG報告書を踏まえて~」において講師を務めました。
2013年10月【講演】
関秀忠弁護士が、公益財団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会が開催する定例研修会パネルディスカッション「グレーゾーン取引先との関係遮断はいかにすべきか~その判断要素と判断過程~」のパネリストを務めました。
2013年10月【執筆】
倉橋博文弁護士、高橋康平弁護士が執筆する「『連帯債務とは何か』~民法改正案に学ぶ多数当事者の債権債務関係~」が、株式会社インテグレックスのホットラインプレスに掲載されました。
2013年10月【講演】
坂本大蔵弁護士が札幌市保健所主催の医療安全講習会「事例で学ぶ医療訴訟における診療録の役割」において講師を担当しました。
2013年10月【講師】
成川毅弁護士が、警察大学校「暴力団排除対策専科」受講の警察官に対し、講義を行いました。
2013年9月【講演/セミナー】
岡本大毅弁護士が、「近時の反社会的勢力の手口・不当要求事例とその対応方法及びグレーな反社の見分け方」と題する講演を行いました(公益社団法人 警視庁管内特殊暴力防止対策連合会 特防協麹町地区 主催)。
2013年8月【講演/セミナー】
岡本大毅弁護士が、「民暴事件処理の基礎」と題する講演を行いました(第二東京弁護士会 民事介入暴力被害者救済センター運営委員会 主催)。
2013年7月【講演/セミナー】
石毛和夫弁護士及び津田秀太郎弁護士が、金融ファクシミリ新聞社主催のセミナー「医療機関の事業承継 ―ケーススタディで学ぶ留意点―」において講師を務めました。
2013年7月【その他】
関秀忠弁護士が、宮部みゆき原作・小泉孝太郎主演のTBSドラマ「名もなき毒」の法律監修を務めました。
2013年6月【就任】
石毛和夫弁護士が、株式会社アムスク(JASDAQ上場)の社外監査役に就任しました。
2013年6月【就任】
石毛和夫弁護士が、株式会社ユニマットそよ風(JASDAQ上場)の特別委員会委員に就任しました(再任)。
2013年6月【執筆】
石毛和夫弁護士が私的整理総論を担当(共著)した「銀行窓口の法務対応4500講」が、きんざいから出版されました。
2013年6月【就任】
平岡弘次弁護士が、債権回収会社取締役弁護士連絡協議会副代表世話人に就任しました。
2013年6月【就任】
岡本大毅弁護士が、公益財団法人暴力団追放運動推進都民センターの暴力追放相談委員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律32条の3第1項2号)に就任しました。
2013年6月【その他】
中原健夫弁護士、石毛和夫弁護士、倉橋博文弁護士、高橋康平弁護士、横瀬大輝弁護士が東京地方裁判所に申立てを行ったデジタルゲーム事業等を営むJASDAQスタンダード市場上場企業の民事再生手続が開始されました。
2013年6月【就任】
成川毅弁護士が、日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会委員長に再任されました。
2013年5月【就任】
津田秀太郎弁護士が、北海道防衛局入札監視委員会委員に就任しました。
2013年5月【セミナー】
倉橋博文弁護士が博多において、「金融円滑化法終了を踏まえた事業再生の最新実務(中小企業を取り巻く金融環境から再生ファンドや再生ファイナンスの活用方法まで)」と題するセミナーの講師を務めました。
2013年5月【講演】
成川毅弁護士が、都内で開催された公益財団法人公共政策調査会主催のセミナー「反社会的勢力問題と企業の安全を考える」で講演を行いました。
2013年5月【就任】
淺野綾子弁護士が、旭川弁護士会両性の平等に関する委員会委員長に就任しました。
2013年4月【講演】
津田秀太郎弁護士が、空知建設業協会主催のセミナー「反社会的勢力への法的対応」において講師を務めました。
2013年4月【講演】
津田秀太郎弁護士が、札幌市内の建設業者の安全大会において「不当要求対応の実際」と題する研修講師を務めました。
2013年4月【講演】
津田秀太郎弁護士が、札幌市内の建設業者の安全衛生大会において「不当要求対応の実際」と題する研修講師を務めました。
2013年4月【就任】
津田秀太郎弁護士が、独立行政法人中小企業基盤整備機構の経営支援アドバイザーとして登録されました。
2013年4月【就任】
津田秀太郎弁護士が、国立大学法人北海道大学法学部の2013年度の非常勤講師に就任しました。
2013年4月【就任】
石毛和夫弁護士が東京三弁護士会災害復旧復興本部委員に就任しました(再任)。
2013年4月【執筆】
石毛和夫弁護士が執筆した論文「個人版私的整理ガイドラインの運用変更 ―震災後に購入した不動産の取扱いについて―」が、経済法令社「銀行法務21」誌2013年4月号に掲載されました。
2013年4月【就任】
福田修三弁護士が、公益財団法人暴力団追放運動推進都民センターから、不当要求防止責任者講習の講師を委嘱されました(委嘱期間1年)。
2013年4月【就任】
関秀忠弁護士が、公益財団法人暴力団追放運動推進都民センターの暴力追放相談委員に就任しました。
2013年3月【講演】
津田秀太郎弁護士、倉橋博文弁護士が、札幌商工会議所主催のセミナー「金融円滑化法終了を踏まえた事業再生の最新実務~中小企業を取り巻く金融環境から再生ファンド・再生ファイナンスの活用方法まで~」において講師を務めました。
2013年3月【セミナー】
倉橋博文弁護士が名古屋において、「金融円滑化法終了を踏まえた事業再生の最新実務(中小企業を取り巻く金融環境から再生ファンドや再生ファイナンスの活用方法まで)」と題するセミナーの講師を務めました。
2013年3月【執筆】
石毛和夫弁護士が執筆(共著)した「ダイジェスト金融商事重要判例〔平成24年版〕」が経済法令研究会から出版されました。
2013年3月【セミナー】
津田秀太郎弁護士、倉橋博文弁護士が札幌において、「金融円滑化法終了を踏まえた事業再生の最新実務(中小企業を取り巻く金融環境から再生ファンドや再生ファイナンスの活用方法まで)」と題するセミナーの講師を務めました。
2013年3月【執筆】
岡本大毅弁護士が執筆(共著)する「労働契約法・高年法・派遣法2012年改正と実務対応」が、第二東京弁護士会から出版されました。
2013年1月【就任】
横瀬大輝弁護士が早稲田大学大学院法務研究科アカデミックアドバイザーに就任しました。
2013年1月【その他】
倉橋博文弁護士が当事務所にパートナーとして参画しました。
2013年1月【その他】
横瀬大輝弁護士が当事務所に加入しました。
2013年1月【講演】
坂本大蔵弁護士が札幌市保健所主催の「クレーム対応&メンタルヘルス研修」において講師を担当しました。
2012年11月【講演】
津田秀太郎弁護士が、札幌建設業協会主催のセミナー「反社会的勢力への法的対応」において講師を務めました。
2012年11月【その他】
石毛和夫弁護士が金融庁・中小企業庁から「経営革新等支援機関」に認定されました。
2012年12月【講演】
関秀忠弁護士が、公益財団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会が開催する東京湾岸地区特防協研修会「悪質クレーマー等の不当要求の傾向及びその対応について」の講師を務めました。
2012年12月【その他】
中原健夫弁護士、高橋康平弁護士が富山地方裁判所に申立てを行ったゴルフ場運営事業等を営む企業の破産手続が開始されました。
2012年10月【講演】
坂本大蔵弁護士が札幌市保健所主催の医療安全講習会「事例で学ぶ医療機関におけるクレーム・不当要求対応」の講師を担当しました。
2012年9月【講演】
津田秀太郎弁護士が、札幌商工会議所主催のセミナー「不当要求対応の実際」において講師を務めました。
2012年9月【講演】
成川毅弁護士、淺野綾子弁護士が旭川市内の医療機関主催の医事紛争に関するセミナーで講師を担当しました。
2012年9月【講演】
成川毅弁護士、淺野綾子弁護士が旭川市内の医療機関主催の医事紛争に関する説明会で講師を担当しました。
2012年7月【講演】
津田秀太郎弁護士が、大手運送会社札幌支店幹部研修「反社会的勢力・不当要求への実務対応の基礎」において講師を務めました。
2012年7月【執筆】
石毛和夫弁護士が執筆した論文「『個人債務者の私的整理に関するガイドライン』の現在」が、経済法令社「銀行法務21」誌2012年7月号に掲載されました。
2012年6月【就任】
平岡弘次弁護士が、債権回収会社取締役弁護士連絡協議会世話人に就任しました。
2012年6月【就任】
成川毅弁護士が、日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会委員長に就任されました。
2012年5月【執筆】
関秀忠弁護士が、金融機関向け通信教育講座テキスト(保険窓販)を執筆・監修しました。
2012年5月【その他】
旭川オフィスを開設しました。
2012年4月【就任】
津田秀太郎弁護士が、国立大学法人北海道大学法学部の2012年度の非常勤講師に就任しました。
2012年4月【就任】
石毛和夫弁護士が東京三弁護士会災害復旧復興本部委員に就任しました。
2012年4月【執筆】
石毛和夫弁護士が執筆した報告書「東日本大震災と弁護士の取組み・南相馬市における弁護士派遣」が、第二東京弁護士会「二弁フロンティア」誌2012年4月号に掲載されました。
2012年4月【就任】
福田修三弁護士が、公益財団法人暴力団追放運動推進都民センターから、不当要求防止責任者講習の講師を委嘱されました(委嘱期間1年)。
2012年4月【講演】
関秀忠弁護士が、公益財団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会が開催する高輪地区特防協研修会「暴排条例施行後の反社会的勢力によるアプローチの手口と企業の対応について」の講師を務めました。
2012年4月【執筆】
関秀忠弁護士が執筆する「オリンパス内部通報事件控訴審判決(東京高等裁判所平成23年8月31日判決)に学ぶ」が、株式会社インテグレックスのホットラインプレスに掲載されました。
2012年4月【執筆】
中原健夫弁護士、関秀忠弁護士、倉橋博文弁護士が執筆・編集を務める「保険業界の暴排条項対応」が、金融財政事情研究会から出版されました。
2012年4月【就任】
岡本大毅弁護士が、東京商工会議所の専門相談員に就任しました。
2012年4月【就任】
"成川毅弁護士が、旭川開発審査会会長に再任されました。 成川毅弁護士が、旭川医師会診療情報提供推進委員会委員に再任されました。 成川毅弁護士が、旭川市医師会顧問に再任されました。 成川毅弁護士が、旭川医科大学顧問に再任されました。"
2012年3月【執筆】
石毛和夫弁護士が執筆(共著)した「ダイジェスト金融商事重要判例〔平成23年版〕」が経済法令研究会から出版されました。
2012年2月【就任】
石毛和夫弁護士が政府の東日本大震災被災者支援事業「個人版私的整理ガイドライン運営委員会」の幹事に就任しました。
2012年2月【執筆】
石毛和夫弁護士が執筆した原稿「一護一会 弁護士交遊録」が、中央経済社「ビジネス法務」2012年2月号に掲載されました。
2012年2月【執筆】
岡本大毅弁護士が執筆(共著)する「新・労働事件法律相談ガイドブック」が、第二東京弁護士会から出版されました。
2012年2月【その他】
中原健夫弁護士、福田修三弁護士、高橋康平弁護士がPR事業等を営むJASDAQスタンダード市場上場企業の経営判断の合理性に関する調査報告書を提出しました。
2011年12月【就任】
中原健夫弁護士、福田修三弁護士がPR事業等を営むJASDAQスタンダード市場上場企業の第三者調査委員会の委員に就任し、高橋康平弁護士が補佐を務めました。
2011年11月【講演】
津田秀太郎弁護士が、札幌商工会議所主催のセミナー「濫用的会社分割の法的問題点」において講師を務めました。
2011年11月【執筆】
石毛和夫弁護士が執筆した論稿「清算の最新動向と会社法上の手続」が、中央経済社「税務弘報」誌2011年11月号に掲載されました。
2011年10月【その他】
中原健夫弁護士、石毛和夫弁護士、福田修三弁護士、岡本大毅弁護士が東京地方裁判所に申立てを行ったアパレル事業等を営む企業の民事再生手続が終結されました。
2011年9月【その他】
関秀忠弁護士が、保険金殺人・保険金支払査定を扱った伊藤英明・高島礼子主演のNHKドラマ「ラストマネー~愛の値段」の法律考査を務めました。
2011年8月【講演】
成川毅弁護士、津田秀太郎弁護士、坂本大蔵弁護士が、旭川医科大学主催の個人情報保護に関する全学説明会で講師を担当しました。
2011年8月【講演】
成川毅弁護士、津田秀太郎弁護士、坂本大蔵弁護士が旭川医科大学主催の個人情報保護に関する全学説明会で講師を担当しました。
2011年4月【就任】
津田秀太郎弁護士が、国立大学法人北海道大学法学部の2011年度の非常勤講師に就任しました。
2011年4月【就任】
福田修三弁護士が、公益財団法人暴力団追放運動推進都民センターの暴力追放相談委員に就任しました(委嘱期間1年)。
2011年4月【就任】
坂本大蔵弁護士が札幌地方裁判所医療訴訟連絡協議会協議員に再任されました。
2011年3月【執筆】
石毛和夫弁護士が執筆(共著)した「ダイジェスト金融商事重要判例〔平成22年版〕」が経済法令研究会から出版されました。
2011年2月【執筆】
中原健夫弁護士、関秀忠弁護士が執筆する「保険業法のコンプライアンス(第2版)」が、金融財政事情研究会から出版されました。
2011年1月【その他】
石毛和夫弁護士がパートナーとして参画しました。
2010年12月【その他】
中原健夫弁護士、石毛和夫弁護士、福田修三弁護士、岡本大毅弁護士が東京地方裁判所に申立てを行ったアパレル事業等を営む企業の民事再生手続が開始されました。
2010年9月【その他】
岡本大毅弁護士が当事務所に加入しました。
2010年7月【就任】
坂本大蔵弁護士がパートナーとして参画しました。
2010年6月【その他】
成川毅弁護士、津田秀太郎弁護士が、旭川地方裁判所に申立てを行ったゴルフ場の民事再生手続が開始されました。
2010年4月【その他】
窪田もとむ弁護士、津田秀太郎弁護士が、札幌地方裁判所に申立てを行った水産食品メーカーの民事再生手続が開始されました。
2010年4月【就任】
津田秀太郎弁護士が、公益財団法人暴力団追放運動推進都民センターの暴力追放相談委員に就任しました(委嘱期間1年)。
2010年4月【就任】
津田秀太郎弁護士が、国立大学法人北海道大学法学部の2010年度の非常勤講師に就任しました。
2010年4月【就任】
福田修三弁護士が、公益財団法人暴力団追放運動推進都民センターの暴力追放相談委員に就任しました(委嘱期間1年)。
2010年3月【就任】
平岡弘次弁護士が、日本債権回収株式会社取締役に就任しました。
2010年1月【執筆】
津田秀太郎弁護士が、執筆(共著)する「通常再生の実務Q&A120問」(全国倒産処理弁護士ネットワーク編)が、金融財政事情研究会から出版されました。
2009年12月【その他】
窪田もとむ弁護士、中原健夫弁護士、津田秀太郎弁護士、関秀忠弁護士が、旭川地方裁判所に申立てを行った温泉ホテルの民事再生手続が開始されました。
2009年12月【就任】
窪田もとむ弁護士が、札幌市監査委員に選任されました(任期4年)。
2009年9月【講演】
関秀忠弁護士が、公益財団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会が開催する三田地区特防協研修会「悪質クレーマー事例に基づく対処方法について」の講師を務めました。
2009年7月【講演】
関秀忠弁護士が、セミナーインフォ主催のセミナー「保険窓販をめぐるケーススタディ」において講師を務めました。
2009年6月【執筆】
関秀忠弁護士が執筆した論稿「弊害防止措置をクリアする―非公開保険情報保護措置の具体的考察」が、銀行研修社「ファイナンシャルコンプライアンス」2009年6月号に掲載されました。
2009年5月【執筆】
関秀忠弁護士が執筆(共著)する「最新 金融商品取引法ガイドブック」が、金融財政事情研究会から出版されました。
2009年4月【就任】
津田秀太郎弁護士が、公益財団法人暴力団追放運動推進都民センターの暴力追放相談委員に就任しました(委嘱期間1年)。
2009年4月【就任】
津田秀太郎弁護士が、国立大学法人北海道大学法学部の2009年度の非常勤講師に就任しました。
2009年4月【就任】
関秀忠弁護士が、某出版社が主催する保険コンプライアンス検定の試験委員に就任しました。
2009年3月【講演】
関秀忠弁護士が、財団法人損害保険総合研究所主催のセミナー「保険窓販ビジネスの法的課題」において講師を務めました。
2009年3月【その他】
窪田もとむ弁護士が、札幌市入札談合等関与行為調査委員(委員長)に選任され、官製談合があったとする調査報告書を市長あて提出し、札幌市議会において参考人として事情説明を行いました。
2008年12月【その他】
窪田もとむ弁護士、中原健夫弁護士、石毛和夫弁護士、関秀忠弁護士が、札幌地方裁判所に申立てを行ったJASDAQ上場の住宅建材メーカーの民事再生手続が開始されました。
2008年11月【講演】
関秀忠弁護士が、セミナーインフォ主催のセミナー「保険窓販を含む保険業務のコンプライアンス~不祥事件事案の届出基準の考え方、ケーススタディを交えて」において講師を務めました。
2008年11月【講演】
関秀忠弁護士が、株式会社ストックリサーチ主催の経営研究セミナー「保険窓販を含む保険業務のコンプライアンス」において講師を務めました。
2008年11月【執筆】
中原健夫弁護士および関秀忠弁護士が執筆した「『非公開金融情報』を活用する保険商品販売手法」が、銀行研修社「月刊ファイナンシャルコンプライアンス」2008年12月号に掲載されました。
2008年10月【執筆】
中原健夫弁護士、関秀忠弁護士が執筆(共著)する「反社会的勢力関係遮断チェックリスト」が、金融財政事情研究会から出版されました。
2008年10月【講演】
関秀忠弁護士が、セミナーインフォ主催のセミナー「保険窓販をめぐる不祥事件のケーススタディ」において講師を務めました。
2008年6月【その他】
関秀忠弁護士が、弁護士サッカー世界大会「Mundiavocat」のスペイン大会で、大会ベストゴールキーパー賞を受賞しました。
2008年6月【就任】
関秀忠弁護士がパートナーとして参画しました。
2008年5月【その他】
窪田もとむ弁護士、中原健夫弁護士、津田秀太郎弁護士が、東京と札幌に拠点をもつ弁護士法人ほくと総合法律事務所を開設いたしました。